TOP > ブログ > 「子どもの心」相談医制度について
日本小児科医会が推進する2つの資格制度
2016/10/04

「子どもの心」相談医制度について

ブログ

日本小児科医会では、子どもの心理発達の基礎、様々な行動の問題、発達障害、虐待、 薬物依存、メディア漬けなどについて幅広くかつ専門的に研修を重ねて日常的に外来診療で遭遇する子どもの心の問題に対応できる「子どもの心」相談医を養成しています。 現在、全国で約1000名の相談医が認定を受け、各地で活動しています。

※当医会 HP(http://www.jpeda.or.jp/soudanimeibo02.html)で一般の方に向け、近くの相談医 を検索できるサービスを提供いたしております。また、全国教育庁や厚生労働省、文部科学省といった子ども達に関わる関係団体に全国相談医名簿を毎年ご紹介しております。

 

当医会へ入会の先生は、「子どもの心」相談医の資格を得る権利があります。
登録要件などの詳細は下記PDFをご覧ください。

「子どもの心相談医制度」について(PDF)

<主催者より事前に単位申請があった講演会一覧>
「子どもの心」相談医更新登録申請時にご確認ください。
主催者より事前に単位申請があった講演会一覧はこちらをクリック(開催日順)

更新申請に関する書類や記録簿の記入例など要件をまとめました。
「子どもの心」相談医更新申請時について(PDF)


「子どもの心」相談医制度についてご不明の点がございましたら、
下記までお問合せください。

<お問い合わせ先>
公益社団法人 日本小児科医会 事務局
FAX  (03)5308-7130
Mail info@jpa-office.org