風疹関連情報について(2017.10.24)
rubella_related_information
TOP > 風疹関連情報について(2017.10.24)

風疹関連情報について

厚労省から下記が発表されました。

10月19日、「風しんに関する特定感染症予防指針」の改正について審議を行い、平成32年度までに風しんを排除することを目指すためには、風しんを診断した場合に迅速に対応する必要があります。今回の小委員会では、風しんが1例でも発生すれば積極的な疫学調査を行う、原則として全例にウイルス遺伝子検査等を実施、とする予防指針の改正案についての議論が行われ、了承されました。

 

<厚生科学審議会 (麻しん・風しんに関する小委員会)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei.html?tid=486923


韓国 WHOから風疹排除国の認定(2017.10.12 KBS)
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65395

WHO西太平洋地域事務局は今月9日、韓国とニュージーランドが風疹ウイルスの排除状態にあると認定した。韓国では36か月以上、風疹ウイルスの感染なく、西大西洋地域では初めて、排除国として認めらた。疾病管理本部は、「風疹排除の認定で、韓国の感染症管理のレベルが高いことを認められたが、風疹は依然として多くの国で流行しているだけに、乳幼児や妊婦への感染防止のための予防摂取などの努力は続けなければならない」と強調している。韓国は2014年に麻疹排除の認定も受けている。