広報委員会
public_relations_committee

広報委員会は医会ニュースおよび医会報の発行を主要な業務としています。1985年3月にニュースが、1986年1月に医会報が創刊され現在に至っています。ニュース(年2回発行)は小児科医会の最近の活動や研修会・勉強会の開催予定を掲載し、医会報(年2回発行)は総会フォーラムや生涯研修セミナーの全容、特集企画などを掲載しています。また、全国の小児科医会の会報を委員全員へ寄贈いただき、興味ある論文や記事を選出して転載をお願いしています。担当副会長、理事のほか、7ブロックからの推薦委員、関東ブロックからの4名の理事推薦委員で活動しています。

日本小児科医会会報 原著論文の投稿受付開始のお知らせ(2018年4月現在)

 日本小児科医会会報では、2018年4月から、臨床研究または症例報告に関する日本語の原著論文受け付けを開始いたします。日本小児科医会会員であることが投稿資格となります。詳しくは投稿規定をご覧ください。皆様のご投稿をお待ちしております。

 

 また、小児科専門医試験受験要件の一つに、査読制度が確認できる投稿雑誌に筆頭著者として受理・掲載された原著論文(症例報告含む)があることとなっております。専門医を志される若い小児科医にもぜひご案内をお願いいたします。

 

平成30年4月 公益社団法人日本小児科医会 広報委員会

広報委員会の沿革・活動履歴