日本小児科医会 イメージ
menu

5歳~11歳のコロナウイルスワクチン接種にあたって
12 歳以上の小児への新型コロナウイルスワクチン接種についての提言
日本小児科医会からのメッセージ
2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう
日本の小児地域医療を崩壊から守るための
第33回日本小児科医会総会フォーラムin高松
 

《毎週火曜日更新》
※当サイトは原則火曜日に定期更新を行っております。また、速報性のあるお知らせは適宜ご案内をさせて頂きます。

 

第11回 乳幼児学校保健研修会にて活用方法が解説され、ご好評いただきました
「問診から進める個別健診ガイドブック」誌面内の質問票を会員専用ページに掲載しました。ダウンロードしてご活用ください。
会員専用ページ(PC用) ・会員専用ページ(スマートフォン)

新着情報

2022/01/27

《行政・他団体からのお知らせ》
令和4年度「児童福祉週間」標語募集の結果について[令和4年1月20日] (厚生労働省子子発0120第1号)

2022/01/25

【一般の皆様へ】
子どもの病気>目・耳・鼻・のどの病気について
子どもの目・啓発コンテンツ【目の健康啓発マンガ ギガっこデジたん!】について (日本眼科医会)

2022/01/25

【小児科関連情報】
<感染症・ワクチン/インフルエンザ>●インフルエンザ様疾患発生報告(第18報・第19報)[令和4年1月14日・21日/厚生労働省健康局結核感染症課] (国立感染症研究所)、<感染症・ワクチン/コロナ>●5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種にあたって[2022年1月19日] (日本小児科医会)、●5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方[2022年1月19日] (日本小児科学会)、●新型コロナ オミクロン株は重症化リスクが低いのに「まん延防止等重点措置」が必要と判断された理由[忽那賢志(感染症専門医)] ※YAHOO JAPAN! ニュース 1/23(日) 17:07、他

2022/01/25

【小児科関連情報】(インフルエンザ関連情報)
インフルエンザに関する報道発表資料2021/2022シーズン ●2022年01月21日 インフルエンザの発生状況について(厚生労働省)他

2022/01/25

【小児科関連情報】(論文ページ)
●(内容)110人の母乳をPCR(285サンプル)と培養(160サンプル)による分析。母乳に感染性ウイルスが含まれていることや、母乳育児が乳児への感染の危険因子であるという証拠はなかった。⇒No infectious SARS-CoV-2 in breast milk from a cohort of 110 lactating women., 19 Jan 2022. pediatric research. ●(内容)5~11歳の子供に安全で、免疫原性があり、効果的⇒Evaluation of the BNT162b2 Covid-19 Vaccine in Children 5 to 11 Years of Age., 6 Jan 2022. NEJM.

2022/01/25

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報①】
【厚生労働省】●新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等[第68回(令和4年1月20日)]、●第75回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第26回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)資料より[令和4年1月21日]、【文部科学省】●【事務連絡】「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大が確認された場合の対応について」の周知について[令和4年1月17日]、●【事務連絡】学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインの再周知等について[令和4年1月12日]

2022/01/25

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報②】
●5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種にあたって[2022年1月19日] (日本小児科医会)、●5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方[2022年1月19日] (日本小児科学会)、●「データベースを用いた国内発症小児Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) 症例の臨床経過に関する検討」に基づく早期公開情報に「Long Covid症状別」の項目追加について[2022年1月19日] (日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会)、●新型コロナウイルス感染症に伴う小児医療機関の保険診療上の課題に関する調査(二次調査報告)[2022年1月18日] (日本小児科学会 社会保険委員会・情報管理委員会報告)、●新型コロナを5類感染症にすべきか? オミクロン株で高まる「5類」論[倉原優(呼吸器内科医)] ※YAHOO JAPAN! ニュース 1/22(土) 8:16、●新型コロナ オミクロン株は重症化リスクが低いのに「まん延防止等重点措置」が必要と判断された理由[忽那賢志(感染症専門医)] ※YAHOO JAPAN! ニュース 1/23(日) 17:07

2022/01/25

《行政・他団体からのお知らせ》
●日本産科婦人科学会主催「子宮頸がん予防WEBカンファレンス:HPVワクチン積極的接種勧奨再開後、私たちがすべきこと」のご案内 (日本産婦人科医会 ホームページより)

2022/01/20

【最近の日本小児科医会】
【日本小児科医会からのメッセージ】を更新しました。
5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種にあたって

2022/01/19

5歳~11歳の新型コロナウイルスワクチン接種にあたって[2022年1月19日] (日本小児科医会)

2022/01/18

【会員ページ INFORMATION】
会員専用ページのお知らせ欄に、日本小児科医会会報 No.62 WEB版のご案内を掲載しました。

2022/01/18

【小児科関連情報】
<感染症・ワクチン/インフルエンザ>●インフルエンザ様疾患発生報告(第17報)[令和4年1月11日/厚生労働省健康局結核感染症課] (国立感染症研究所)、<感染症・ワクチン>ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種を進めるに当たっての相談支援体制・医療体制等の維持、確保について[令和3年12月28日] (厚生労働省)、<感染症・ワクチン/コロナ>●COVID-19関連情報ページ「COVID-19実態調査(2021) 結果」[2022.01.12] 他 (日本産婦人科医会)、●【事務連絡】学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインの再周知等について[令和4年1月12日] (文部科学省)、●オミクロン流行、子どものワクチン急ぐべき? 「日本の子どもにとって、コロナは風邪レベルだが…」[森内浩幸(長崎大学 小児科学教室主任教授)] ※BuzzFeed Japan News 2022年1月14日、他

2022/01/18

【小児科関連情報】(インフルエンザ関連情報)
インフルエンザに関する報道発表資料2021/2022シーズン ●2022年01月14日 インフルエンザの発生状況について(厚生労働省)他

2022/01/18

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報①】
【厚生労働省】●新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等[第67回(令和4年1月13日)]、●【事務連絡】B.1.1.529系統(オミクロン株)の感染が確認された患者等に係る入退院及び濃厚接触者並びに公表等の取扱いについて[令和3年11月30日/令和4年1月14日一部改正]、【国立感染症研究所】●SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(オミクロン株)感染による新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査:新型コロナワクチン未接種者におけるウイルス排出期間(第2報)[令和4年1月13日] (国立感染症研究所・国立国際医療研究センター 国際感染症センター)、●実地疫学調査により得られた情報に基づいた国内のオミクロン株感染症例に関する暫定的な潜伏期間、家庭内二次感染率、感染経路に関する疫学情報(2022年1月10日現在)[掲載日:2022年1月13日] (国立感染症研究所 実地疫学研究センター)、【文部科学省】●【事務連絡】学校で児童生徒等や教職員の新型コロナウイルスの感染が確認された場合の対応ガイドラインの再周知等について[令和4年1月12日]

2022/01/18

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報②】
●COVID-19関連情報ページ「COVID-19実態調査(2021) 結果」[2022.01.12] 他 (日本産婦人科医会)、●妊婦の新型コロナウイルスワクチン接種に関するWEBアンケート調査[2022.01.12] (日本産科婦人科学会 周産期委員会・周産期における感染に関する小委員会)、●オミクロン流行、子どものワクチン急ぐべき? 「日本の子どもにとって、コロナは風邪レベルだが…」[森内浩幸(長崎大学 小児科学教室主任教授)] ※BuzzFeed Japan News 2022年1月14日、●「怖いのは塾や学童保育」 子どものオミクロン対策、すべきこと・してはいけないこと。[森内浩幸(長崎大学 小児科学教室主任教授)] ※BuzzFeed Japan News 2022年1月15日、●「のどの痛みが多い」「嗅覚・味覚の異常は少ない」 新型コロナ オミクロン株の症状の特徴は?[忽那賢志(感染症専門医)] ※YAHOO JAPAN! ニュース 1/15(土) 19:04

2022/01/11

【小児科関連情報】
<感染症・ワクチン/インフルエンザ>●インフルエンザ様疾患発生報告(第16報)[令和4年1月7日/厚生労働省健康局結核感染症課] (国立感染症研究所)、<感染症・ワクチン/コロナ>●新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について[令和4年1月10日版] (厚生労働省)、●新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等[第66回(令和4年1月6日)] (厚生労働省)、●新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等[第65回(令和3年12月28日)] (厚生労働省)、●SARS-CoV-2 B.1.1.529系統(オミクロン株)感染による新型コロナウイルス感染症の積極的疫学調査(第1報):感染性持続期間の検討[令和4年1月5日] (国立感染症研究所・国立国際医療研究センター 国際感染症センター)、他

2022/01/11

【小児科関連情報】(インフルエンザ関連情報)
インフルエンザに関する報道発表資料2021/2022シーズン(厚生労働省)他

2022/01/11

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報①】
【厚生労働省】●新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第6.1版[2021年12月28日] (診療の手引き検討委員会)、●(参考)主な改訂ポイント 新型コロナウイルス感染症 診療の手引き 第6.1版 [2021年12月28日] (診療の手引き検討委員会)、●【事務連絡】B.1.1.529 系統(オミクロン株)の感染が確認された患者等に係る入退院及び濃厚接触者並びに公表等の取扱いについて[令和3年11月30日/令和4年1月5日一部改正]、他、【国立感染症研究所】●SARS-CoV-2の変異株B.1.1.529系統(オミクロン株)について(第5報)[2021年12月28日9:30時点/12月31日一部修正]、●東京都におけるサーベイランスデータを用いた死亡回避の新型コロナワクチン有効性と症例致命リスクの推定[2021年12月28日]、【文部科学省】●【事務連絡】新型コロナウイルスの懸念される変異株、オミクロン株に対応した学校における感染症対策に係る留意事項について[令和4年1月7日]

2022/01/11

【新型コロナウイルス感染症関連情報・注目情報②】
●「データベースを用いた国内発症小児Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) 症例の臨床経過、特に心臓関連の合併症に関する検討」の中間報告: 第2報[2021年12月28日] (日本小児科学会 予防接種・感染症対策委員会)、●CDC Expands Booster Shot Eligibility and Strengthens Recommendations for 12-17 Year Olds(CDC 2022.1.5)、●オミクロンによる第6波に突入 感染症専門医(忽那賢志)が勧めるのは高齢者と子どものワクチン接種 ※BuzzFeed Japan News 2022年1月7日

2022/01/01
新年のご挨拶申し上げます。令和四年 元旦 公益社団法人 日本小児科医会

 

成育基本法成立 記念会報誌(上記)のバナー(サイズ 190 x 70 ピクセル)は、ここをクリックしてダウンロードいただけます。
※バナーをご使用の際のURLは当医会ホームページTOP https://www.jpa-web.org/ に設定してください。