TOP > ブログ > 大山 宜秀先生が日本医師会の最高優功賞を受賞。
2018/12/18

大山 宜秀先生が日本医師会の最高優功賞を受賞。

ブログ
 平成30年11月1日(木)、日本医師会館大講堂において日本医師会設立71周年記念式典並びに医学大会が開催。
 この日、日本小児科医会(代議員・代議員会議長)の大山 宜秀先生が、の長きにわたり、医学・医療の発展に貢献してきた功労者を顕彰する日本医師会最高優功賞を受賞されました。
日本小児科医会では12月9日(日)理事会を開催、大山先生の日本医師会最高優功賞・受賞をお祝いして花束を贈呈しました。


◆花束贈呈

●大山 宜秀先生の功績紹介
学校保健活動に著しく貢献した功労者
 大学在学中から相模原市医師会において肥満対策に取り組み、児童生徒肥満対策事業の立ち上げに貢献。副会長就任時には、成長曲線を活用した事業や尿糖陽性者検診(小児糖尿病早期発見)事業化など、学校検診体制の構築に寄与した。
 また、全小中学校において眼科校医、耳鼻科校医の配置体制を実現した他、精神科等専門校医制度確立(地域児童精神科医療学電話相談事業)に尽力した。
http://www.med.or.jp/nichiionline/article/008266.html
※日本医師会ホームページより抜粋

●関連記事
長きにわたり、 医学・医療の発展に貢献してきた功労者を顕彰
http://www.med.or.jp/nichiionline/article/008273.html
※平成30年(2018年)11月20日(火)日医ニュース
 
●大山 宜秀先生のプロフィール
大山小児科ホームページ http://www.ohyama-ccl.jp/aisatsu/index.html


◆大山先生と神川会長