組織(役員/委員会)
organization_chart
TOP > 日本小児科医会について > 組織(役員/委員会)
当医会の役員と委員会についてご紹介しております。

役 員

      >>日本小児科医会 役員一覧表

 

 

 

委員会

      >>日本小児科医会 委員会名簿一覧表

 

 

広報委員会

広報委員会

広報委員会は医会ニュースおよび医会報の発行を主要な業務としています。1985年3月にニュースが、1986年1月に医会報が創刊され現在に至っています。担当副会長、理事のほか、7ブロックからの推薦委員、関東ブロックからの4名の理事推薦委員で活動しています。

 

ホームページ委員会

ホームページを通じて、当医会の情報発信を担う委員会。各項目、情報について随時更新を行い、必要な情報や最新情報の発信に努めています。

会員専用ページでは日本小児科医会会報(年2回発行)ならびに日本小児科医会ニュース(年2回発行)をPDFファイルで閲覧できるようになっております。

 

公衆衛生委員会

主に予防接種の普及と接種体制の改善について、各種データを方々より集めて発言をしています。予防接種週間の評価、重症麻疹患者全国調査、広域予防接種体制の推進なども展開しています。

当医会 公衆衛生委員会 及川馨 執筆の「乳児ボツリヌス症について」は、こちらからもご覧いただけます。

選挙管理委員会

理事・監事候補者選挙、代議員選挙など、各選挙を実施するための準備、運営を担っています。

乳幼児学校保健委員会

乳幼児学校保健委員会の主な活動内容は、平成23年度より年1回、毎年2月の第2日曜日に開催しています「乳幼児学校保健研修会」があります。

社会保険委員会

小児科診療報酬の研究調査、診療報酬改定への取り組み、診療所小児科の医療経営に関する研究、内科系学会保険連合例会、日本小児科学会社会保険委員会との小委員会の開催などを行っています。

小児在宅医療ワーキンググループ 報告書(2016年3月)はこちらからご覧になれます。

学術教育委員会

学術教育委員会は、日本小児科医会が一般社団法人から公益社団法人に移行する際に、それまでの学術部教育委員会から現在の名称に変更されました。

子どもとメディア委員会

メディアによる子どもへの影響の重要性を認識し、メディア接触が子どもたちの成長に及ぼす影響に配慮することの緊急性、必要性を強く社会にアピール。子どもとメディアのより良い関係を作り出すために、具体的提言を呈示しています。

子どもの心対策委員会

全国各地を巡回して毎年一度子どもの心研修会を開催してます。このほか、「子どもの心」相談医審査委員会、思春期の臨床講習会、市民公開フォーラム、子どもの心相談医のカウンセリング実習なども行っています。

国際委員会

 

アジアを中心に国際交流事業を展開。現地医師やコメディカルに対してのトレーニングし、現地スタッフのみでも循環器に異常をもつ子どもたちの診療をできるよう指導を行っています。

小児救急医療委員会

 

小児救急研修会開催、小児救急電話相談(#8000)事業の推進、家庭看護力醸成 の啓発活動推進、地域小児救急全国協議会開催などの事業を実施することにより、都道府県における小児初期救急医療体制の向上をはかる役割を担っています。

地域総合小児医療検討委員会

 地域総合小児医療検討委員会_266x156_160414thu.jpg

地域総合小児医療検討委員会は、平成19年に発足した「かかりつけ小児総合医検討委員会」を前身に、平成24年度より活動を開始しました。

災害時子どもの心等支援委員会

 

被災地の子どもの心を支援するため、委員を被災地に派遣し臨床心理士による支援活動をコーディネート。被災三県チャイルドライン支援センター運営事業、福島県・宮城県の被災こどもたちへの予防接種事業へ資金提供などの活動を行っています。

日本小児科医会 国際委員会のホームページはこちらからご覧いただけます。

日本小児科医会 国際委員会は、国境を越え、(1)環境(2)健康(3)こどもの3つのキーワードを基本方針として、小児医療の分野で重要な情報をアジアを中心とした世界中に発信し世界の最新情報を伝えていきます。