第31回 上野の森美術館・日本の自然を描く展(2018) 入選作品「子どもの事故防止運動 ― 口に入れたら駄目!」
yanagisawa_satoshi_nyusen2018
TOP > 第31回 上野の森美術館・日本の自然を描く展(2018) 入選作品「子どもの事故防止運動 ― 口に入れたら駄目!」
子どもの窒息事故に関連した絵画をご紹介します。
第31回 上野の森美術館・日本の自然を描く展(2018)の入選作品、
柳澤サトシ先生の「子どもの事故防止運動 ― 口に入れたら駄目!」
 
上記の絵をクリックすると拡大版がご覧いただけます。
 
柳澤先生は山口大学 医学部 小児科助教授を経て、
1981年より山口県小郡町(現:山口市)にて柳澤医院を開業。
以後、長年にわたり小児科診療に携わり、地域医療でご活躍されました。
「子どもの事故防止運動 ― 口に入れたら駄目!」は、
小児科医の視点から、子どもの窒息事故の防止をテーマに
古き良き日本の自然をモチーフに描かれた作品です。
 
 
〔略歴〕  柳澤 慧(Yanagisawa Satoshi)
      医学博士・日本小児科学会認定医
 
1936年 山口県生まれ
1967年 山口大学大学院博士課程修了
1972年 山口大学 医学部 小児科助教授
1974年 アレキサンダー・フォン・フンボルト財団研究員
      としてドイツ・キール大学小児科および
      ミュンスター大学人類遺伝学研究所にて研究
1979年   フンボルト研究員として再度キール大学にて研究
      文部省在外研究員としてデンマーク・オーホス国立
      精神病院細胞遺伝研究室にて研究
1981年 小児科 柳澤医院開設(山口県小郡町[現:山口市])